LINE証券0714

国策

燃料電池車普及へ 福岡市が水素ステーション買い取りを検討 – NHK.JP

Contents

燃料電池車普及へ 福岡市が水素ステーション買い取りを検討 – NHK.JP

LINE証券0714

脱炭素社会の実現に向けて、福岡市は、水素を使って走る燃料電池車を普及させようと、燃料を供給する水素ステーションを国から買い取り、利用可能日…

シトロエン初の量産燃料電池車、航続はEV版より長い400km…生産開始

ベース車両のジャンピーはトヨタ向けにもOEM供給 ◇カーボン製水素タンク3個に最大4.4kgの水素を充填 ◇標準ボディと全長5.3mのロングボディを設定.

【ライブ配信セミナー】FCV・水素エネルギービジネスの最新動向 1月18日(火)開催 主催

【ライブ配信セミナー】FCV・水素エネルギービジネスの最新動向 1月18日(火)開催 … 7)関連書籍のご案内◎世界の燃料電池・水素産業 最新業界レポート …

広東省の水素エネルギー産業生産高が100億元を突破―中国メディア – エキサイト

燃料電池車の産業チェーンが比較的整っており、8大基幹部品企業がいずれも展開されている。全省で300社を超える関連企業が集まっており、水素エネルギー産業 …

広東省の水素エネルギー産業生産高が100億元を突破—中国メディア – BIGLOBEニュース

その燃料電池車産業は中国のトップ水準に達している。新華社が伝えた。 広東省政府の関係責任者はその席上で、「広東省は近年相次いで政策を打ち出し …

水素燃料電池プロトン交換膜市場2021–2028年までの成長予測を伴う現在の業界の数値の詳細な分析

0円バナー

レポートは、アプリケーションと地域の観点から分類することで、世界水素燃料電池プロトン交換膜市場の全体像を把握しています。これらのセグメントは現在および …

水素タンク市場2021 主要なプレーヤーと競争の激しい業界シナリオの定性分析 – SecuretpNews

調査報告書は、基準年2021年の世界水素燃料電池、水素タンク市場の規模と2021年から2028年の間の予測を発表しています。そしてアプリケーションセグメント …

建設現場での水素を使った燃料電池式発電機の有効性を実証 – 日本経済新聞

東急建設株式会社(社長:寺田光宏、以下当社)は、建設現場での「脱炭素」を実現するため、現場で使用する「可搬型発電装置(※1)」を、水素を使った燃料電池式 …

ギガ・カーボン・ニュートラリティが中国で水素EVとバッテリーEVの大型トラック200台と関連 …

2021年11月、GCNは幅広い商用目的の使用例に構成可能で21種類と多様なバッテリー式電気自動車と水素燃料電池自動車を2023年末までに発売する意向を発表しま …

日本燃料電池市場2021年の将来の傾向、および2028年までの予測 – EX-TRAIN

"日本燃料電池市場総合分析 レポートは、経済の評価と経済へのさまざまなセクターの貢献、主要セグメントの市場規模の推定、市場セグメントの新たな傾向、 …

電池および燃料電池の材料市場規模と予測2026 | トップキープレーヤーExide Technologies, Eco …

LINE証券0714

市場の成長を後押ししており、世界市場で成長するための前向きな推進力を与えている要因を詳細に説明します。 調査報告書は、基準年2021年の世界電池および燃料 …

トヨタ、EV加速で本気度アピール 「低評価」払拭へ目標上積み – 時事通信

トヨタは今年5月、20年度に1万台弱だったEVと燃料電池車(FCV)の世界販売台数を、30年に200万台に引き上げる計画を公表したばかり。

EV化加速を迫られたトヨタ 気候変動対策に後ろ向きとみられ転換 – 朝日新聞デジタル

トヨタが描く脱炭素時代の戦略は、水素エンジンの開発も進め、EVやハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド(PHV)、燃料電池車(FCV)と「全方位」で …

トヨタ 加速するEV戦略 課題は 【RSKニュース 岡山・香川】

ホンダは、2040年には新車を全てEVと水素で動く燃料電池車にするとしています。一方のトヨタは、EVだけに力を注ぐのではなく、各国の事情や消費者に …

日本プロトンセラミック燃料電池(PCFC)市場2021年の将来の傾向、および2028年までの予測 …

"日本プロトンセラミック燃料電池(PCFC)市場総合分析 レポートは、経済の評価と経済へのさまざまなセクターの貢献、主要セグメントの市場規模の推定、市場 …

トヨタ、EV投資4兆円 世界販売350万台に 脱炭素化へ目標引き上げ 30車種 – IZA イザ

0円バナー

トヨタ自動車は14日、電気自動車(EV)の世界販売台数を2030年に350万台とする目標を発表した。燃料電池車(FCV)と合わせ200万台として …

トヨタ、EV投資4兆円 世界販売350万台に – 47NEWS

トヨタ自動車は14日、電気自動車(EV)の世界販売台数を2030年に350万台とする目標を発表した。燃料電池車(FCV)と合わせ200万台としていた従来目標を1.75 …

日本初の観光バス運行/ジェミニ6-A号打ち上げ/トヨタの燃料電池車ミライ発売!【今日は何の日 …

そういえば聞いたことがありますが、今は死後ですね(笑)。 さて、クルマ界の今日は何があったのでしょう? ○トヨタが世界初の量産型燃料電池車ミライを発売 …

トヨタ、EV世界販売350万台 30年 – 京都新聞

トヨタ自動車は14日、電気自動車(EV)の世界販売台数を2030年に350万台とする目標を発表した。燃料電池車(FCV)と合わせ200万台…

海運業界が脱炭素化を加速 | 日経ESG

小型船は電気、観光船や499t型より小型の貨物船は水素(燃料電池)、大型・高出力の船はアンモニアが燃料の主流になるとみられる (出所:日本郵船の資料を …

トヨタ自動車が続伸、EV販売目標の引き上げを評価 | 会社四季報オンライン

LINE証券0714

バッテリー(電池)への2兆円を含めて総額4兆円規模の資金をEVに投資する計画も明らかにしており、これらを前向きに評価した買いが膨らんでいる。 従来は燃料 …

ホットストック:トヨタが大幅続伸、EV強化の計画を好感 関連銘柄物色も | ロイター

従来、EVと燃料電池車(FCV)を合わせて計200万台としていた。9年間でハイブリッド車(HV)・FCV・プラグインハイブリッド車(PHV)の研究 …

欧米に出遅れ気味の電動化対応 【トヨタ】が初の量産EV投入へ | 財界オンライン

トヨタは30年に世界でHVを含めた電動車で800万台の販売を目指しており、そのうちEVとFCV(燃料電池車)で200万台を占める見込み。

トヨタ、EV投資4兆円 世界販売350万台に – 東京新聞

トヨタ自動車は14日、電気自動車(EV)の世界販売台数を2030年に350万台とする目標を発表した。燃料電池車(FCV)と合わせ200…

燃料電池電気自動車(FCEV)市場:収益、業界の需要の増加、サイズ、シェア、予測-2027 | 教育 …

メホンダメ現代 トヨタミライダイムラー AG. フォードモーターカンパニー 日産自動車(株) ゼネラルモーターズ(株) BMW AG プジョー-シトロエン …

トヨタ、EV世界販売350万台 30年、計画1・75倍に – 山陽新聞

0円バナー

燃料電池車(FCV)と合わせ200万台としていた従来目標から1・75倍へ大幅に引き上げた。脱炭素化に向けて経営資源を最大限投入し、EV分野で攻勢に …

船舶用バッテリーの世界市場(~2030年):バッテリー別、推進別 – ドリームニュース

2021年12月14日. H&Iグローバルリサーチ株式会社 *****「船舶用バッテリーの世界市場(~2030年):バッテリー別(リチウム、ニッケルカドミウム、燃料 …

社長「今まで興味なかった」トヨタがEV競争力強化 [2021/12/14 23:30] – テレ朝news

EV一つに絞るのではなく、ハイブリッド車も燃料電池車もという具合です。このため「トヨタはEVに後ろ向き」ともみられてきました。 トヨタ自動車・豊田章男 …

トヨタ 電気自動車の世界販売目標を大幅引き上げ “年350万台”|NNNニュース – 日テレNEWS24

トヨタによりますと、2030年までに30車種の電気自動車を用意し、これまでは、燃料電池車と合わせて年間200万台だった世界販売の目標を350万台に …

岩谷産業が続伸、水素・LPガス混合導管供給の実証実験を23年にも開始へ – 株探

同社がこれまでに行ってきた北九州水素タウンなどでの水素導管供給とは異なり、一般住宅を対象とした民生向けに導管で水素を供給し、燃料電池による発電では …

トヨタEV販売30年に350万台 – 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate

LINE証券0714

トヨタ自動車は電気自動車(EV)の世界販売台数を2030年に350万台にする目標を発表した。燃料電池車(FCV)と合わせ200万台としていた従来 …

トヨタ、EV世界販売350万台 | 千葉日報オンライン

トヨタ自動車は14日、電気自動車(EV)の世界販売台数を2030年に350万台とする目標を発表。燃料電池車(FCV)と合わせ200万台としていた …

いま買っておくと10年後値上がり確実な現行国産車 3選 – ベストカー

ここで言われている電動車は「日産リーフのようなBEV」をはじめ、「トヨタMIRAIのような燃料電池車のFCV」、「三菱アウトランダーなどのPHV」、「トヨタ …

トヨタ、EV販売を2030年350万台へ上方修正 30車種に拡大 – au Webポータル

また、ハイブリッド車や燃料電池車への投資を合わせると、電動化分野への投資は8兆円に及ぶという。 トヨタは、これまで急速にEVが普及することに慎重な見方を …

トヨタがEV強化に本腰 全方位戦略貫き競争に挑む – ITmedia エグゼクティブ

一方で、ハイブリッド車(HV)や燃料電池車(FCV)を含む多彩な電動車をそろえる全方位戦略は維持。車載電池の調達・開発に注力し、海外勢との競争に挑む …

シトロエンの商用水素自動車「E-ジャンピーhydrogen」納車 | 中古車なら【グーネット】

0円バナー

航続距離400kmの水素燃料電池車「E-ジャンピーhydrogen」最初の量産車をスエズグループに納入、運用テストへ.

トヨタ「EVに本気出す」発表会で気になった三つの疑問 – M&A Online

4月にホンダ<7267>が2040年までにHVを含むエンジン車の販売を終了し、EVと燃料電池車(FCV)の比率を100%にすると発表した。トヨタが2030年に全体の3分 …

船舶用バッテリーの世界市場(~2030年) – サンスポ

*****「船舶用バッテリーの世界市場(~2030年):バッテリー別(リチウム、ニッケルカドミウム、燃料電池、鉛蓄電池)、推進別(完全電気、ハイブリッド、 …

トヨタ 豊田社長「2030年までに30車種、BEVフルラインに」…販売は年350万台 事業戦略 – 価格 …

このなかで豊田社長は、BEVについて2030年に350万台の販売を目指す新たな目標を公表した。これまでは同年にBEVとFCEV(燃料電池車)を合わせて200万台としていた …

日本のトヨタはより多くの電気モデル、投資を約束します – Boston News、天気、スポーツ

豊田氏は、プリウスハイブリッド、レクサス高級モデル、ミライ燃料電池自動車のメーカーが様々なオプションを提供したいと述べた。 彼はトヨタが気候変動と …

2021年12月14日 機械・ロボット・航空機2 | 日刊工業新聞 電子版

LINE証券0714

(2021/12/14). センシンロボなど、AIでドローン点検効率化. (2021/12/14). 予備電源に燃料電池、米キャタピラーが実証プロ. (2021/12/14).

水素エネルギー普及啓発等業務プロポーザルの実施について | 徳島県庁 | JPubb

本県では,全国に先駆け,平成27年度に策定した「徳島県水素グリッド構想」に基づき,水素ステーションの整備や,燃料電池自動車を活用した普及啓発など,徳島 …

特許ウォッチbot on Twitter: "出願日:2020-05-26 出願人:トヨタ自動車株式会社 名称:燃料電池 …

出願日:2020-05-26 出願人:トヨタ自動車株式会社名称:燃料電池セルの製造方法要約:【課題】高い接着力でセパレータを樹脂部材に接着する、燃料電池セル …

0円バナー