LINE証券0714

国策

パナソニック、燃料電池と太陽光で電力 企業にシステム

パナソニック、燃料電池と太陽光で電力 企業にシステム

LINE証券0714

現行の業務用電力料金と同程度の運用コストを見込む。企業の脱炭素に向けて水素の活用が広がる。 発電時に二酸化炭素(CO2)を出さない燃料電池、 …

2021年から2027年にかけて強化するポータブル軽量燃料電池の市場規模

世界有数の市場調査会社の1つであるMarketInsightsReportsは、ポータブル軽量燃料電池市場に関する新しいレポートをリリースしました。レポートに …

「水素エンジン」車 レース出場 脱炭素へ次世代の車なるか

トヨタは、水素を使って発電しモーターで走るFCV=燃料電池車を市販するなど、次世代のエネルギーとして水素の製造や普及に力を入れていて、 …

COVID-19影響パンデミック後の分析後の成長燃料電池用パーフルオロスルホン酸(PFSA)膜市場 …

大阪ひな子は日本の市場調査アナリストです。 私は最近、上記のレポートを公開しました。 私たちはこのreprotの最初の著者であり発行者である …

ダイムラートラックAGとCATL、次世代バッテリーセルを共同で設計・開発 パートナーシップを …

また、2027年までには、水素を燃料とする燃料電池車の量産車の追加を計画。 また、2018年からドイツをはじめとする欧州諸国の多数の …

20年後には全EV&FCV化!! ホンダの「2040年エンジン車全廃」は本当に可能なのか?

0円バナー

ホンダは2040年までに世界での新車販売をすべてEV(電気自動車)&FCV(燃料電池車)に転換する目標を掲げた。あと20年でハイブリッド車など …

EVよりFCVに積極的な日本、「国運を賭けた一手」か=中国

中国における新エネルギー車は電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、燃料電池自動車(FCV)のいずれかとされるが、新 …

0円バナー