国策

ホンダ、米オハイオ州で2024年から新型燃料電池車の生産開始(日本、米国) | ビジネ ス短信

ホンダ、米オハイオ州で2024年から新型燃料電池車の生産開始(日本、米国) | ビジネス短信

FCVは、従来のガソリンタンクの代わりに高圧水素タンクを搭載し、燃料電池内で発電して電気モーターを駆動させることで、二酸化炭素やほか有害物質を排出する …

ホンダ、米で24年に燃料電池車生産 – 日本経済新聞

ホンダは11月30日、2024年に米国で水素を使う燃料電池車(FCV)を生産すると発表した。外部から充電できるプラグイン機能も搭載する。ホンダは40年に新車 …

ホンダ、新型燃料電池車の生産を2024年から米国オハイオ州で開始

本田技研工業株式会社(以下、ホンダ)の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、「CR-V」をベースとした新型燃料電池車(FCEV)の生産を2024年から米国 …

ホンダ、CR-V 新型ベースの燃料電池車開発2024年から米国で生産 – NewsPicks

日本で撤退しても、米国で、燃料電池(FCV)と電気(EV)のプラグインハイブリットを製造すると! … 福田峰之 #H2DX社会研究所 #水素エネルギー社会.

EV普及は「CO2削減」に繋がらない? 火力発電に頼る日本の特殊事情と – Merkmal

世界的なモビリティ電動化の潮流がある一方、日本には諸外国とは異なるエネルギー事情を抱えている。 欧州、ロシアガスからの脱却を模索. 水素エネルギー …