LINE証券0714

国策

脱炭素社会の切り札となるか――水素エネルギー活用の最前線を巡る (1/3)

脱炭素社会の切り札となるか――水素エネルギー活用の最前線を巡る (1/3)

LINE証券0714

水素に関する先進の取り組みを県内外にアピールしようとするもので、山梨大学燃料電池ナノ材料研究センター、水素供給利用技術協会(HySUT) …

「MIRAI」はどんな乗り心地? 塩田知事と下鶴鹿児島市長が試乗

鹿児島県内のトヨタ自動車の販売店5社は23日、水素で走るトヨタの燃料電池車「新型MIRAI(ミライ)」の披露会を鹿児島市で開いた。

軽自動車が「電動化の波」で、消滅するという説は本当か

政府の言う電動車とは、BEV(バッテリー式電気自動車)やFCEV(燃料電池車)のように、走行段階ではCO2を排出しないクルマだけを指すのでは …

水素を地産地消、住友商事が事業化調査を開始

鉱区内で発生した随伴ガスから年間300~400トンの水素を製造し、主にARAが鉱区内で導入する燃料電池自動車(FCV)の燃料として活用する。

0円バナー