LINE証券0714

国策

「地域交通グリーン化事業」で電動車両導入支援 国交省が事業を公募

「地域交通グリーン化事業」で電動車両導入支援 国交省が事業を公募

電気バス、プラグインハイブリッドバス、燃料電池タクシー、超小型モビリティの補助率は上限が導入費用の3分の1。電気バスは補助対象となる車両 …
レスポンス

燃料電池電気自動車(FCEV) 2020年から2028年にかけて世界で最も高い成長を遂げる市場

Quince Market Insightsの調査では、主要企業、サービスプロバイダー、地域ごとのシェア分析など、その構造を備えた世界燃料電池電気 …
SecuretpNews

6年ぶりの刷新、新型「MIRAI」が見せた技術進化

究極のエコカーと言われる燃料電池車。この技術にいち早く注目し、量産車を発売したトヨタ自動車は、今後の青写真をどう描いているのか。
週刊東洋経済プラス

エネファーム導入で太陽光発電を無償提供 三井ホーム、西部ガスともタッグ

三井ホーム(東京都新宿区)と西部ガス(福岡県福岡市)は1月15日、家庭用燃料電池「エネファーム」を導入すると太陽光発電設備を無償で提供する …
環境ビジネスオンライン

新車全て電動車の実現は2035年に…菅首相がより明確に提示

… 普及が進んでいるハイブリッド車(HV)をはじめ、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)が対象となる。
レスポンス

【1月19日付社説】施政方針演説/実行力示して安心と希望を

浪江町には水素製造拠点「福島水素エネルギー研究フィールド」が立地する。県の取り組みと連動させ脱炭素社会を進めてもらいたい。 菅首相は、「 …
福島民友

ポーランドのバス大手、「欧州クリーン水素アライアンス」に加盟

同社の燃料電池バス「ウルビーノ12 ハイドロジェン」は出力70キロワット(kW)の燃料電池に加え、蓄電用の高性能バッテリーを搭載。燃料の水素を …
FBC欧州経済産業ニュース

0円バナー