LINE証券0714

国策

米ハイゾン・モーターズとシュルンベルジェ、水素燃料電池活用で連携(米国) | ビ ジネス短信

米ハイゾン・モーターズとシュルンベルジェ、水素燃料電池活用で連携(米国) | ビジネス短信

LINE証券0714

米国水素燃料電池商用車メーカーのハイゾン・モーターズ(本社:ニューヨーク州ロチェスター)は6月23日、米国石油サービス大手シュルンベルジェ(本社: …

ボルボ、航続距離1000kmの燃料電池トラックを2020年代後半に提供–水素充填は15分以内

Volvo Trucksは、航続距離が最大1000kmという、開発中の燃料電池トラックを披露した。2020年代後半に販売開始する計画。

ボルボ、航続距離1000kmの燃料電池トラックを2020年代後半に提供–水素充填は15分以内

とにかく水素はガラパゴスと言い張る連中がうるさい。そして、こういう風に海外企業も水素エネルギーを研究してるという話題になると急に大人しくなる。 もっと …

日本は世界一の水素エネルギー国になろうとしているか?

燃料電池車(FCV)は電気自動車(EV)よりエネルギーの注入時間が短く、遠距離交通機関としてより優位性があると言える。 しかし、群雄が天下を争う状況の中、 …

グローバル水素燃料電池バイポーラプレート市場の収益、市場規模、販売量、売上高 – ZDNet Japan

グローバル水素燃料電池バイポーラプレート市場の収益、市場規模、販売量、売上高、価格の分析レポート2022-2028.

東芝、スウェーデン企業と協力。船舶向け、純水素燃料電池システム – 日本海事新聞

0円バナー

東芝エネルギーシステムズは22日、船舶向け電池・燃料電池システムの開発・製造・販売を手掛けるスウェーデン企業エチャンディアと、純水素燃料電池システム …

脱炭素、次世代技術で実現 水素の活用 官民一丸で(2)|日経BizGate

水素エネルギーの実用化には製造や輸送、保管などの課題を新技術で解決していく必要が… … 必要に応じて燃料電池で水素発電して建物に電力供給するものだ。

燃料電池で長距離飛行するドローンの性能 – ニュースイッチ

ロボデックス(横浜市旭区、貝応大介社長)は、燃料電池(FC)を搭載して長距離飛行する飛行ロボット(ドローン)「アイギス・ワン=写真」を開発した。

脱炭素、次世代技術で実現 水素の活用 官民一丸で(1)|日経BizGate

水素エネルギーの実用化には製造や輸送、保管などの課題を新技術で解決していく必要がある。5月11日に東京・丸の内で開催した「日経社会イノベーション …

新エネルギービジネスのグローバル・ハブ拠点「HORIBA eHUB」が稼働 – PR TIMES

ホリバ・フューエルコン社が持つ燃料電池、バッテリー、エレクトロライザーの評価技術と、HORIBAグループがもつさまざまな技術を有機的に組み合わせ、 …

0円バナー