LINE証券0714

国策

ミシュラン サプライヤーと共同で燃料電池用バイポーラプレートの生産拠点を設立 | オートプルーブ

ミシュラン サプライヤーと共同で燃料電池用バイポーラプレートの生産拠点を設立 | オートプルーブ

LINE証券0714

燃料電池スタック用の次世代バイポーラプレート. 発展途上の水素エネルギー化社会に大きな可能性を見出し、ヨーロッパでの水素モビリティバリューチェーン …

ICPMA Awards 3年連続で受賞! – PR TIMES

日建設計コンストラクション・マネジメントが支援した「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」が、ICPMA “Distinction Alliance Award 2022”(優秀賞)を …

東芝ESS、船舶電動化で欧州企業と協業 純水素燃料電池システム拡販へ | 環境ビジネスオンライン

東芝は、1960年代に燃料電池システムの開発を開始以来、水素に関わる技術開発を進めてきた。今後も、水素社会の実現に向けて再エネ由来の水素エネルギー関連 …

ミシュラン サプライヤーと共同で燃料電池用バイポーラプレートの生産拠点を設立 – carview!

燃料電池スタック用の次世代バイポーラプレート発展途上の水素エネルギー化社会に大きな可能性を見出し、ヨーロッパでの水素モビリティバリューチェーン強化 …

燃料電池搭載の国産ドローンが23年に離陸、最大2時間飛行も可能 | 日経クロステック Active

「国内メーカー製のフライトコントローラーを採用した“国産ドローン”である」(説明員)という。価格は、燃料電池システムや高圧ガス容器2本込みで800万~1000万 …

三菱重工、安価なグリーン水素の製造を目指す米スタートアップに出資 – マイナビニュース

0円バナー

… トランジション事業における将来的な代替案の1つとして水素エネルギーの可能性を探求し、水素バリューチェーンの強化・多様化につなげるとしている。

子供たち、燃えてるかい? 福岡マラソン先導車のラッピングデザイン募集 – 西日本新聞

最優秀作品は、ランナーを先導する燃料電池車「MIRAI」の車体を彩る。 コロナ禍のため3年ぶりの開催となる大会。同社の金子直幹社長は「小学生はまだ大会に参加 …

ICPMA Awards 3年連続で受賞! (2022年6月24日) – エキサイトニュース

日建設計コンストラクション・マネジメントが支援した「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」が、ICPMA“DistinctionAllianceAward2022”(優秀賞)を …

ICPMA Awards 3年連続で受賞! – BIGLOBEニュース

日建設計コンストラクション・マネジメントが支援した「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」が、ICPMA“DistinctionAllianceAward2022”(…

0円バナー