LINE証券0714

国策

ミッションH24、水素燃料電池車で時速290.8キロのレコード記録/ル・マン24時間 – aut osport web

Contents

ミッションH24、水素燃料電池車で時速290.8キロのレコード記録/ル・マン24時間 – autosport web

LINE証券0714

ミッションH24は6月8日、ACOフランス西部自動車クラブとの共同プログラムである"Mission H24"の水素燃料電池プロトタイプカーが、サルト・サーキットの …

ミッションH24、水素燃料電池車で時速290.8キロのレコード記録/ル・マン24時間

ミッションH24は6月8日、ACOフランス西部自動車クラブとの共同プログラムである“Mission H24”の水素燃料電池プロトタイプカーが、サルト・サーキットの …

世界初 水素燃料電池車の移動販売スタート 浪江町と双葉町を巡回食料品や日用品など500品目 …

水素を燃料にした移動販売車は世界初で10日浪江町で出発式が行われた。 この水素カーはトヨタ自動車が開発し水素は浪江町内の福島水素エネルギー研究 …

シェフラー シンビオと共同で燃料電池用バイポーラプレートを生産する 合弁会社 … – 秋田魁新報

シェフラーとシンビオの両社は、発展しつつある水素エネルギー社会に大きな可能 … イノプレート設立により燃料電池用バイポーラプレートの量産化を進め、 …

水素活用のため地域と連携、GPジュールが目指す「100%再エネ」社会

会場内には燃料電池車はもちろん、水素を燃料とするプロペラ飛行機まで展示。「脱化石燃料」「再生可能エネルギー活用」という動きの中で、ハノーバーメッセ …

中ロ研究チーム、低価格・高効率の新型水素エネルギー材料を開発

0円バナー

中国とロシアからなる科学研究チームはこのほど、低価格で環境にやさしい方法により広く使われている光触媒材料を処理し、太陽光を水素エネルギーに変換する …

復刊「学研の科学」第1号は水素ロケット、モニター募集 | リセマム

学研プラスは、科学のふろく付き学年誌を新たな教材セット「学研の科学」として2022年7月7日に復刊。第1号は「学研の科学 水素エネルギーロケット」で価格 …

ミッションH24、水素燃料電池車で時速290.8キロのレコード記録/ル・マン24時間

ミッションH24、水素燃料電池車で時速290.8キロのレコード記録/ル・マン24時間. ミッションH24は6月8日、ACOフランス西部自動車クラブとの共同プログラムで …

水素エネルギー産業、新たな道を切り開く_中国網 – チャイナネット

… を走行した千台余りもの水素燃料電池自動車に至るまで、水素エネルギー … 同計画は、中国の水素エネルギー産業の秩序ある質の高い発展に向けた明るい …

NIMSら、多孔性で極薄の炭素ナノシートを合成:燃料電池や二次電池に応用 – EE Times Japan

燃料電池や二次電池への応用が期待できるという。 有機配位子と金属イオンの配位結合からなるMOF(別名:多孔性配位高分子=PCP)は、ガス …

エアバスと関西エアポート、航空機の水素利用で連携 – Aviation Wire

LINE証券0714

関空、燃料電池フォークリフト市販1号車受領 3分充てんで8時間稼働(16年11月17日) ・関西空港、フォークリフトに燃料電池 水素エネルギー活用へ(14年5 …

2022-2030年に向けて急成長する燃料電池市場の範囲と概要 – 有限会社キムズ

燃料電池は、燃料(多くは水素)と酸化剤(多くは酸素)の化学エネルギーを酸化還元反応によって電気に変換する電気化学デバイスです。燃料電池が多くの電池と …

世界に1台のトヨタ「超快適ミニバン」で車中泊!? 熟睡してみた! 「グランエースFCV」で水素の …

トヨタは燃料電池車(FCV)の「ミライ」を展開していますが、その裏ではFCVグランエースやハイエースなどの試作車を製作して、水素の価値を高める取り組みを …

水素燃料電池市場2022-生産、販売、消費量、業界比較分析 – EX-TRAIN

各セグメントおよびサブセグメントの成長率を分析するために、水素燃料電池市場の過去および将来の傾向、SWOT分析、人口統計、産業の進歩、および全体的な収益の …

東京ガス・矢加部久孝執行役員「合成メタンで都市ガスの脱炭素化を推進」 | 日経ESG – 日経BP

1988年東京大学物理工学科卒業後、東京ガス入社。2010年より水素製造関係の研究に従事。13年基盤技術部 エネルギーシステム研究所長、15年燃料電池事業推進 …

2028年までに驚異的な成長を示すモバイル燃料電池市場| 主要プレーヤー-斗山、東芝 – SecuretpNews

0円バナー

モバイル燃料電池市場レポートは、最初に定義、アプリケーション、および技術をカバーする業界の概要を提供し、その後、レポートは市場の世界的なプレーヤーを …

燃料電池車 市場2022年のサイズ、状況、および世界的な見通し-Acumentrics SOFC – SecuretpNews

燃料電池車市場レポートは、 定性的および定量的な洞察と、市場規模および市場のすべての可能なセグメントの成長率の詳細な分析を提供します。

令和4年度 再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業(注1)に採択 | ニュースリリース – 東芝

事業領域 トップ · 火力 · 原子力 · 再生可能エネルギー · 水素エネルギー · 電力流通 · 重粒子線治療装置 · デジタルトランスフォーメーション.

水素ステーションが営業中止に | 聯合ニュース

韓国中部・大田市にある、燃料電池車(FCV)に水素を補給する水素ステーション。労働組合の全国組織・全国民主労働組合総連盟(民主労総)公共運輸労組の …

物価高対策、ウクライナ避難民支援を盛り込む 国への予算要望・23年度 – 神戸経済ニュース

水素エネルギーの活用促進を巡っては、「水素エネルギー利用者の負担軽減」「水素発電システムの事業化支援」「燃料電池車・水素ステーションの普及に向けた …

ヤマハ発動機がJAFとの協業で普及をめざす時速20キロ以下の乗り物「GSM」とは? | clicccar.com

LINE証券0714

ヤマハの電動ランドカーをJAFのネットワークで活用; ○高齢化社会に対応した自動運転も視野に入る; ○GSMは水素燃料電池へ発展する可能性も …

キングジム、数値/ブザー/ライトで測定結果を知らせる「アルコールチェッカー」2機種 – 価格.com

キングジムは、「アルコールチェッカー」2機種を発表。半導体式ガスセンサーを搭載した「BAC10」と、燃料電池式ガスセンサーを搭載した「BAC100」をライン …

地域レベルの再エネ普及提起 EVで「移動の脱炭素化」―環境白書 – 時事通信

… で再生可能エネルギーを普及していくよう提起。ガソリン車から電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)に切り替える「移動の脱炭素化」も呼び掛けた。

日本車を「的外れ」批判、韓国が新たなネガティブキャンペーンか ナゾの造語 … – iZa(イザ)

トヨタ自動車などがハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)など「全方位戦略」をとっていることが競争力の低下につながるという …

微細な組織構造を解析する「トポロジカルデータ分析」ってなに? – ニュースイッチ

まず我々は、固体酸化物形燃料電池の電極などの用途が期待されている金属―酸化物複合体である白金(Pt)/酸化セリウム(CeO2)をターゲットに定めた …

【ライブ配信セミナー】微生物を用いた発電、水素生産、有用物質生産 6月27日(月)開催 主催

0円バナー

近年、バイオマス廃棄物や有機廃水を利用したエネルギー生産技術として微生物燃料電池による発電や微生物電気分解による水素生産が注目され、世界中で研究 …

みんなで目指せ、脱炭素社会! 全国で増えるゼロカーボンシティと、企業の取り組み – エキサイト

公用車の電気自動車や燃料電池自動車への切り替えを率先するほか、一般の自家用車に対しても、条件を満たす電気自動車の購入には、最大30万円の補助金を交付する …

名神高速集中工事の作業車が炎上…路面乾かす為の車でヒーターから出火し燃料の灯油に引火か …

東京都港区で燃料電池ごみ収集車を試験運用へ 早大と協働 16日から · ハイオク車にレギュラー、ガソリン車に軽油…どうなる? なくならぬ燃料入れ間違い.

キングジム、0.001 mg/L単位・2000段階で測定できるアルコールチェッカー – マイナビニュース

ラインナップと価格は、半導体式ガスセンサーを搭載したモデル「BAC10」が4,400円、燃料電池式ガスセンサーを搭載したモデル「BAC100」が16,500円。

トヨタの本格スポーツカー「GRカローラ モリゾウエディション」世界初公開 | コラム

トヨタは、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、BEV(電気自動車)、FCV(燃料電池車)、水素燃料車など、多様な次世代車の量産化を進めると …

ENEOSとJR東日本 鉄道の脱炭素化を目指し連携 | 日刊ケミカルニュース

LINE証券0714

鉄道のほか、多様な燃料電池モビリティに水素を供給(水素ステーションや車両のデザインはイメージ). 同ステーションは、. このコンテンツを閲覧するには …

損保ジャパン、「災害時における電動車両等の支援に関する協定」締結 – 保険市場TIMES

その後、協議を経て発表と同日の2022年5月25日に締結に至った。 燃料電池自動車などを貸与. 損害保険ジャパン株式会社は岩手県大船渡市およびトヨタL&F岩手株式 …

水素エンジン車、市販化まで今何合目? トヨタが見据える登山ルート – 朝日新聞デジタル

トヨタは車両の後部座席に、燃料電池車(FCV)のミライで使う4本の水素タンクを積んでレースに参戦している。だが、このままでは市販しづらい。

キングジム、息を吹き込んで酒気帯びをチェックする「アルコールチェッカー」2機種 – ASCII.jp

BAC100は、燃料電池式ガスセンサーを搭載したモデル。アルコール判別性能に優れており、測定までの待機時間が短いことが特徴。過去の測定履歴を表示する機能を …

水素、電気、クリーンディーゼル、クルマとクリーンエネルギーの関係を知る! #そこが知りたい …

究極のエコカー。そんなフレーズが、燃料電池車に対して使われることがあります。その根拠は、排出するのが「水だけ」という解釈 …

キングジム「アルコールチェッカー」。息を吹き込み酒気帯びチェック – Impress Watch

0円バナー

コスト重視の半導体式ガスセンサーを搭載したBAC10と、アルコール判別性能に優れた燃料電池式ガスセンサー搭載のBAC100を用意する。

ニュース – エキサイト

「BAC100」は燃料電池式ガスセンサーを搭載し、0.001mg/L単位・2,000段階で測定できるモデル。測定した結果は10回分まで記録し、測定データの管理に役立つ。

トヨタ、ポータブル水素カートリッジのプロトタイプ公開 | 財経新聞

… 倍で重量半分だが、燃料電池部分は別途ありますね。可能性としては燃料電池バイク、燃料電池ドローン、燃料電池超小型モビリティなどもあり得る。

人とくるまのテクノロジー展 2022横浜」で感じた自動運転技術の今 (1/2) – ASCII.jp

自動車メーカーで言えば、トヨタが燃料電池車の「MIRAI」とEV「bZ4X」のベアシャシーを展示。同様にスバルはEVの「ソルテラ」、日産は「アリア」 …

伊藤鉄工所 複合加工機追加導入へ 事業の多角化を推進 – 中部経済新聞

燃料電池や太陽光電池の製造工程で使われる工具や医療機器のゴム部品金型の製造などで使用する。新たな収益の柱を作り、持続的な成長を目指す。

電気自動車と燃料電池車の市場は2022年から2028年の間に持続可能なCagrで成長する – EX-TRAIN

LINE証券0714

市場インテリジェンスデータによると、電気自動車および燃料電池自動車市場は、予測期間(2022-2028)にわたって54.43%のCAGRで成長すると予想されます。 無料 …

ポーランドのメディアグループ、水素燃料バスを開発 | FBC

ポーランドのメディアグループ、ポルサットプラス(Polsat Plus)が5月末、自社開発の燃料電池バス「ネソバス(NesoBus)」のプロトタイプを披露した。

Ethernetを本格採用 | 日経クロステック(xTECH)

トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の分解レポートの第3回は、車載ネットワークの調査である。これまではCAN(Controller Area Network) …

8億元投じて河南省内に200メガワット規模の分散型太陽光発電設備建設-サーチナ – Searchina

また、地熱エネルギー利用に取り組むとともに、新型のエネルギー貯留、水素エネルギーなどの新興分野の研究を進めている。21年12月期の売上構成は火力 …

中国で「韓国ブランド車」の存在感が急低下の訳 – 東洋経済オンライン

訳注:新エネルギー車は中国独自の定義で、EV、燃料電池車[FCV]、プラグインハイブリッド車[PHV]の3種類を指す。通常のハイブリッド車[HV]は含まれ …

息を吹き込むだけで酒気帯びの有無をセルフチェックできる「アルコールチェッカー」発売

0円バナー

燃料電池式ガスセンサーを搭載したモデルです。アルコール判別性能に優れており、測定までの待機時間が短いため、日々のアルコールチェックに最適です。 ・過去 …

自動車用燃料電池市場の概要分析と製品範囲の見通し2022 – EEAストラテジー

自動車用燃料電池市場レポートには、 需要、成長、機会、課題、および制約に影響を与える要因に関する詳細情報が含まれています。

現代や起亜自動車「韓国製EV」が英国で健闘する理由 | 週刊エコノミスト Onlineから – 毎日新聞

この課税方式では、テスラ「モデルY」と同程度のガソリン車モデルだと税率は30%近いが、EVや燃料電池自動車(FCV)といった「全くCO2を出さないクルマ」は …

「スペースウォーカー」と広島県呉市が連携協定 水素利用と宇宙産業で協力 – ライブドアニュース

スペースウォーカ―は水素燃料電池を使ったドローン(無人航空機)用複合材高圧ガスタンクの開発を手掛けており、呉市はその知見を活用する。

0円バナー